adscense自動広告




今注目の草コインで爆益。仮想通貨市場の今後と投資方針

草コインで、昨年末から所有していた草コイン(規模の小さいアルトコイン)の価格が大きく上がった。
そして、この経験から、仮想通貨市場で何が起こっているかをわかった気がするからブログで書いてみたい。

草コインを買うことになった経緯(数回の爆上げ逃し)

2017年、仮想通貨で、所持している通貨をホールドし続ければよかったのに、手放してすぐに爆上げをしたことが何回かあった。
この時、ぼくがコインを手放してしまった理由は、”これ以上上がらないんじゃないか”と思って諦めてしまったことにある。
この諦めた心理について深く考えてみたい。
前提のいわゆる”マインド”の部分を見ると、”仮想通貨業界に流れ込んでいるお金が一定だ”と思っていたことが大きな理由だ。
つまり、仮想通貨業界に流れ込んでいるお金は一定で、そのお金を各コインごとに奪い合っていると言うイメージでいた。



前提の思い込みが変わった

しかしある時気づいた。
仮想通貨取引と言うものは、仮想通貨市場と言う全体に対しての投資なんだと。
仮想通貨同士が値段を競って乱高下することもあるけれど、それは一時的なことだ。
全体としての共存共栄で伸びていっている
具体的に考えてみたい。
ビットコインが暴落したということは「利確した」ということだ。
今まで、ビットコインに回っていたお金はアルトコインに向かう。
そしてアルトコインは価格が上がる。
そして、暴落、暴騰のニュースが出ると、世間が注目し、新しいお金が仮想通貨市場に舞い込む。
企業も仮想通貨を無視できなくなり、本格的に事業で活用することを検討し始める。



これからの仮想通貨投資の方針

既存の市場全体と、仮想通貨市場という2極で考えると、この既存の市場全体のお金は無限に近い規模である。
しかも仮想通貨のすごいところは、企業間取引の決済だけでなく、個人間取引の決済でも使うことができることだ。
今後数年間、仮想通貨市場は波はあれど、既存の市場のお金が流れ込んで活気付いていく確信がある。
だから草コインも含めて仮想通貨を持ち続けて、波に乗っていれば資産が増えるはずだと思った。
その結果、仮想通貨投資の方針は、”ホールドし続けてたまに買い増し”をしていくことにした。
Be the master of your own destiny
汝、自身の運命の主たれ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。